“ギャル”と“ぴえん系”、正反対のようで実は似ている?共通点は「好きなものを突き詰める」

“ギャル”と“ぴえん系”、正反対のようで実は似ている?共通点は「好きなものを突き詰める」

“ギャル”と“ぴえん系”、正反対のようで実は似ている?共通点は「好きなものを突き詰める」の画像

台頭する「ぴえん」に、ブーム再燃の「ギャル」。内面、外見とも相反するような両者だが、令和のガールズカルチャーの覇権争いはどっちが制すのか? ぴえん系、ギャル、それぞれに支持される専門誌編集長の対談が実現した。メディアとして「ぴえん」や「ギャル」についてそれぞれ発信する3誌が集まれば、全面衝突が勃発かと思いきや、行われたのはまさかの和平交渉だった――?

◆ぴえん系とギャル。それぞれに支持される専門誌編集長

・『LARME』編集長・中郡暖菜氏
地雷系や量産型ファッションについて雑誌メディアとしていち早く発信。ぴえん系から支持を受ける数少ない媒体の一つ

・ギャル誌『egg』元編集長・赤荻 瞳氏
’95年に創刊の伝説的ギャル誌。’14年に一度は休刊となるも、’18年にWeb版として復活。翌年には雑誌も復刊を果たした

・姉ギャル系雑誌『nuts』編集長・片岡まり氏
’04年に創刊。正式名称は『Happienuts』。『egg』同様、休刊を経て、’20年に復活。大人な要素を感じるギャルがテーマ

◆ギャルは“陽キャ”、ぴえんは“陰キャ”

――正直、「ぴえん」は「ギャル」をどう思っていますか?

中郡:ギャルは“陽キャ”ですよね。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)