90歳のレジェンド・広岡達朗が今明かす長嶋茂雄との関係性。”打撃の神様”に嫌われて

90歳のレジェンド・広岡達朗が今明かす長嶋茂雄との関係性。”打撃の神様”に嫌われて

90歳のレジェンド・広岡達朗が今明かす長嶋茂雄との関係性。”打撃の神様”に嫌われての画像

門田博光、田尾安志、広岡達朗、谷沢健一、江夏豊……昭和のプロ野球で活躍したレジェンドたちの“生き様”にフォーカスを当てた書籍『確執と信念 スジを通した男たち』。

大男たちが一投一打に命を懸けるグラウンド。選手、そして見守るファンを一喜一憂させる白球の行方――。そんな華々しきプロ野球の世界の裏側では、いつの時代も信念と信念がぶつかり合う瞬間があった。あの確執の真相とは? あの行動の真意とは? プロ野球界に飛び込んで68年、御年90歳を迎えたレジェンドである広岡達朗が今明かす”信念”の行方とは――。(以下、同書より一部編集の上抜粋)。

◆広岡が球界に残した「3つの功績」

 広岡は今のプロ野球を大上段に斬ることができる唯一無二の人物だろう。ミスター≠アと長嶋茂雄であろうと世界の王≠アと王貞治だろうと、広岡にかかればひとたまりもない。かつて「喝ッ!」と言って世間を騒がせていた張本勲なんか、広岡から見ればひよっこ同然だ。

 今も週刊誌の連載を抱え、原巨人をこき下ろすたびに世間から老害≠ニ見られているが、広岡ほど誰にも忖度なく堂々持論を投げつけられる野球人は他にいない。’54年に巨人に入団して以来、実に68年もの間プロ野球に内外から携わり続けるがゆえの矜持でもある。

 広岡が日本プロ野球史に残した偉大な功績が三つある。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)