後藤真希がファンコミュニティで感じた「オタク」と「ファン」の微妙な違い

後藤真希がファンコミュニティで感じた「オタク」と「ファン」の微妙な違い

後藤真希がファンコミュニティで感じた「オタク」と「ファン」の微妙な違いの画像

歌手活動だけでなく、YouTubeでも自身のチャンネルを2つ持ち活動している後藤真希。チャンネルのひとつ「ゴマキのギルド」で投稿している「歌ってみた」動画では、宇多田ヒカルの『君に夢中』やシャ乱Q『ズルい女』など、多くの人気曲をカバーしている。

「歌ってみた」動画でカバーした楽曲をライブでも堪能できるよう、2022年9月10日からは「後藤真希 LIVE TOUR 2022 『歌ってみた~Songs of You and Me!~』」を開催する。大阪、愛知、東京にてライブをおこなう予定だ。

歌でも動画でも「ライブが好き」と言う後藤真希に、今回の「歌ってみた」企画の裏話や「ファンとオタクの違い」、最近の心境の変化などを聞いた。なんでも軽やかにこなしているように見える彼女の心の内とは──。

◆自分で選曲した浜崎あゆみや倉木麻衣の楽曲

──YouTubeチャンネル「ゴマキのギルド」で歌ってみた動画を投稿していますが、最近人気のアニメソングから、後藤さんと同時期に活躍した浜崎あゆみさん、倉木麻衣さんの曲など幅広い楽曲を選んでいますね。

後藤真希さん(以下、後藤):年代は幅広く選んでいます。曲は私自身が選ぶときもあるし、スタッフさんが探してきてくれるときもあって、私のファンにも若い子にも聴いてもらえるようにと考えています。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

関連記事(外部サイト)