特撮映画『超伝合体ゴッドヒコザ』出演の磯原杏華、イジリー岡田公認の“高速ベロ”特技を会得

特撮映画『超伝合体ゴッドヒコザ』出演の磯原杏華、イジリー岡田公認の“高速ベロ”特技を会得

新人研究員・音無優里亜を演じた元SKE48の磯原杏華

◆バカ映画の巨匠・河崎実監督が、愛知県幸田町の町おこし映画を製作!

 愛知県のヒーロー・大久保彦左衛門の子孫が男女合体ロボットに変身し、悪の宇宙人と戦う奇想天外な町おこし特撮映画『超伝合体ゴッドヒコザ』が8月19日より公開される。本作で、超宇宙科学研究所(UISAS:ウイサス)の新人研究員・音無優里亜を演じた元SKE48の磯原杏華に、撮影秘話や共演者とのエピソード、女優を目指したきっかけなどを聞いた。

ーー本作のお話をいただいたときはどのような心境でしたか?
磯原 映画のメインキャストとしてオファーをいただいたのは初めてだったので、すごく嬉しかったですし、本作の舞台が愛知県幸田町というのも愛知県出身の私にとってはワクワクできる大きなポイントでした。

ーー出身地での撮影はテンションがあがりそうですね!
磯原 かなりテンションがあがりました! 撮休の日には実家に帰ることができたので、家族に会えたのも嬉しかったです。

ーー研究員の優里亜を演じるうえで準備したことや大事にしたことを教えてください。
磯原 優里亜は真面目でおとなしい歴史オタクの女の子というキャラクターなので、まず歴史について勉強するところから始めて、役に説得力を持たせられるように役作りしていきました。演じるうえで大事にしたのは“ギャップ”です。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)