男性ホルモン低下でうつ病、無気力、不眠を発症する恐れ ビタミンDやDHEAで老化防止

記事まとめ

  • 男性ホルモンの低下を放置すると更年期障害、無気力、不眠、うつ病を発症する恐れ
  • さらに、老化に拍車がかかることで心筋梗塞、脳卒中、認知症のリスクも高まるという
  • 里芋・自然薯などの芋類に含まれるDHEAや、ビタミンDが老化予防に効果があると医師

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております