「電波を飛ばして……」広岡達朗が明かす昭和プロ野球”サイン盗み”の闇

「電波を飛ばして……」広岡達朗が明かす昭和プロ野球”サイン盗み”の闇

昭和の野球 サイン盗み横行

「電波を飛ばして……」広岡達朗が明かす昭和プロ野球”サイン盗み”の闇

「電波を飛ばして……」広岡達朗が明かす昭和プロ野球”サイン盗み”の闇の画像

門田博光、田尾安志、広岡達朗、谷沢健一、江夏豊……昭和のプロ野球で活躍したレジェンドたちの“生き様”にフォーカスを当てた書籍『確執と信念 スジを通した男たち』。

 大男たちが一投一打に命を懸けるグラウンド。選手、そして見守るファンを一喜一憂させる白球の行方――。そんな華々しきプロ野球の世界の裏側では、いつの時代も信念と信念がぶつかり合う瞬間があった。あの確執の真相とは? あの行動の真意とは? プロ野球界に飛び込んで68年、御年90歳を迎えたレジェンドである広岡達朗が今明かす”信念”の行方とは――(以下、同書より一部編集の上抜粋)。

◆名将とサイン盗み

 東京ヤクルトスワローズの功労者というと、真っ先に野村克也の名が挙げられる。’90〜’98年の9年間、ヤクルトの監督を務め、リーグ優勝4回、日本一が3回の実績は功績として確かに申し分ない。だが、広岡は毒づくようにこう断言する。

「野村が名監督と言われて褒められるのは心外。阪神で監督を務めた3年間はすべて最下位だったのに、名監督と言えるのか!?」

 決して嫉妬からではなく、南海時代から野村と懇意だったからこそ吐ける言葉でもある。

「野村のことはよく知っている。息子の団野村にしても『英語ができるので何かいい働き口ありませんか?』と頼まれ、せっかくだからと思ってアメリカのルートを紹介してやった。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)