谷沢健一が明かす星野仙一との確執。「星野のせいで監督になれなかった」の真相は

谷沢健一が明かす星野仙一との確執。「星野のせいで監督になれなかった」の真相は

谷沢健一が明かす星野仙一との確執。「星野のせいで監督になれなかった」の真相はの画像

門田博光、田尾安志、広岡達朗、谷沢健一、江夏豊……昭和のプロ野球で活躍したレジェンドたちの“生き様”にフォーカスを当てた書籍『確執と信念 スジを通した男たち』。

 大男たちが一投一打に命を懸けるグラウンド。選手、そして見守るファンを一喜一憂させる白球の行方――。そんな華々しきプロ野球の世界の裏側では、いつの時代も信念と信念がぶつかり合う瞬間があった。あの確執の真相とは? あの行動の真意とは? 中日ドラゴンズの主軸として歴代屈指の成績を残した強打者、谷沢健一。彼が引退後も貫き続ける信念、そして噂され続けたあの”闘将”との確執の真相とは――(以下、同書より一部編集の上抜粋)。

◆「星野のせいで谷沢が監督になれなかった」は本当か

 通常の取材では身近な話題から質問を投げかけ、場を温めてから本題に入るスタイルを取っている。しかし、谷沢が作り出す空気感がよほど心地良すぎて麻痺したのか、気が大きくなった自分がいた。4番ファースト谷沢に小細工は通じない。ライターの使命よりも何よりも、一ファンとして聞きたいことを最優先にした。

 星野仙一との確執についてだ。

「星野のせいで谷沢が監督になれなかった」。ファンの間では喧伝されている。内情はどうあれ、中日一筋で活躍した球団が誇るレジェンドであるはずの谷沢が監督になっていないのは事実だ。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)