未使用の「古くなった充電池」はいつまで使えるのか。新品と放電量を比較検証してみた

未使用の「古くなった充電池」はいつまで使えるのか。新品と放電量を比較検証してみた

現在では充電池の性能も良くなり、1本100円以下の安価な製品も存在している

―[得する!使える!ガジェット裏マニュアル]―

◆古い充電池はどのくらい使えるのか

 2022年8月30日から9月5日は防災週間です。9月1日は防災の日となっており、この時期は台風や秋雨前線などの影響で特に災害が多いシーズンでもあります。家庭用の備蓄もしっかり備えておきたいところです。

 さて今回の電池実験の項目はというと「古くなった二次電池はどのくらい使えるのか?」です。

 「二次電池」とは、充電と放電を繰り返し使える電池のことで、使い捨て電池(アルカリ乾電池やマンガン乾電池)は「一次電池」と言います。

 この「一次電池」や「二次電池」は電気工学における学術用語なので、通称としての「乾電池」や「使い捨て電池」、「充電池」「バッテリー」などが一般的には広く浸透しています。

◆進化を続ける「eneloop」で検証してみた

 というわけで今回検証に使ったのは、誰もが知っているであろう旧三洋電機が開発した「eneloop」。

 eneloopはニッケル水素タイプの充電池なのですが、2005年にeneloopが登場するまでは、このニッケル水素充電池は、自然放電が多く非常時に使うのには適していなかったり、メモリー効果と呼ばれる使用時の電圧低下減少などにより、正しく使うにはかなり手間のかかる充電池でした。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)