ぴえんVSギャル、若者カルチャーの内面を大解剖。令和のギャルはSNSにいる

ぴえんVSギャル、若者カルチャーの内面を大解剖。令和のギャルはSNSにいる

egg専属モデルの聖菜ちゃん(右上)瀬戸ももあちゃん(左上)と、アイドルグループ「fairy☆dolls」の堀内玲ちゃん(右下)、「ラテラルアーク」の遠月とうかちゃん(左下)

令和のガールズ・カルチャーを引っ張るのはサブカル的雰囲気の「ぴえん系」か、陽気な「ギャル系」か? 現役世代や専門家を総力取材し、Z世代女子の生態を大研究!

 ぴえんとギャルの生態を内面と外見に分けて分析。今回は【内面編】と題し、『LARME』編集長の中郡暖菜氏、ギャル誌『egg』元編集長・赤荻 瞳氏、姉ギャル系雑誌『nuts』編集長・片岡まり氏ら6名に「ぴえんとギャルの内面」について教えてもらった。

◆ぴえんとギャルの生態分析【内面編】

 渋谷発のカルチャーである「ギャル」。’90年代にデビューした歌姫・安室奈美恵や浜崎あゆみを崇拝し、彼女らを模した「コギャル」がブームになった。そこから一部が顔黒メイクなどヤマンバ化。

 ’00年代のコンサバ女子の台頭や美白ブームで一度は廃れたが、令和の今、「Y2K(2000年代)ファッション」として、Z世代にリバイバルしている。

 一方、歌舞伎町のストリートから生まれ、“ぴえん系”として広まったのが量産型と地雷系の2つのタイプだ。前者は没個性を揶揄した言葉だったが、令和からは“お砂糖系ガーリースタイル”に変貌。そして後者は原宿系のゴシックロリータの系譜を汲むとも言われている。

◆【Q&A】ギャルの内面とは?

 ’80年代末、渋谷発のギャルは一世を風靡した。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)