元「子役」人生の挫折。就活に失敗、ニート生活を救った母校教師の言葉

元「子役」人生の挫折。就活に失敗、ニート生活を救った母校教師の言葉

元子役の遥子さん(24歳)

子役として子供の頃から芸能界で活躍してスポットライトを浴びるが、大人になってから大きな苦悩や挫折を味わう……。よく耳にする話である。今回紹介する元子役の遥子さん(24歳)もそんなうちのひとりだ。

◆「やる気スイッチが切れてしまった」

 彼女は小学生の頃から芸能事務所に所属し、「踊る!さんま御殿!!」、「くりぃむしちゅーのハナタカ!優越感」、「魔女たちの22時」……など多くのバラエティー番組の再現VTRに出演。さらに舞台やミュージカルでも活躍した。女優を目指し、芸能を学べる大学に進学。順風満帆な芸能生活はその後もずっと続いていくものだと思った。

 が、それは大学一年生の夏休みのことだった。

「やる気スイッチが突然プツリと切れてしまったんです」

 彼女の性格上、仕事中以外も台詞を何度も確認しないと心配だったため、気の休まるときがなかった。ありのままの自分でいたいという気持ちも強くなり、芝居をすること自体も嫌になってしまった。そして芸能活動からは徐々に遠ざかっていった。

 完全に無気力状態に陥っていたが、それでも大学への通学は続けた。留学生のサポート、ピアノ伴奏、アルバイト……などもこなし、パッと見はリア充そのものの生活を送った。

 とはいえ、心はボロボロだった。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)