元「子役」人生の挫折。就活に失敗、ニート生活を救った母校教師の言葉

就活がうまくいかず、ニート生活を送っていることを包み隠さずに話すと、希戸塚さんは「それならその状況を活かしていっしょになにかやろうよ」と言う。その言葉で心がふっと軽くなった。それまで働いていないことにずっと罪悪感を覚えていたのだが、彼女の現状を叱るどころかプラスに捉えてくれたのだ。

「私はずっと家に引きこもってましたけど、本当はなにかやりたかったんです。だから、先生からそういう提案を受けたときは本当に嬉しかったですね」

◆文芸同人誌を制作することに

 そして希戸塚さんといっしょにやることになったのは文芸同人誌のZINEの制作である。ZINEとは個人やグループで自由なテーマで作る冊子であり、ここ数年、新しいメディアとして流行の兆しを見せている。

 タイトルは「窗外」に決まった。これは「ソウガイ」と読み、窓の外という意味だ。遥子さんと希戸塚さんが話していたときに出てきた「窓際族ってよく考えたら組織の中にいて、組織にすら入れていない人たちは窓外族になるね」という言葉がきっかけになった。

 窓外にいることはマイナスだけでなくプラスもある。そこでちょっと外れた生き方をしている人たちに焦点を当てたい。このタイトルにはそんな思いが込められている。そこに筆者もスカウトされて加わり、3人でそれぞれの作品を書いた。

関連記事(外部サイト)