中森明菜が再始動へ。山下達郎を激怒させた、明菜だけの“ダークな世界観”

中森明菜が再始動へ。山下達郎を激怒させた、明菜だけの“ダークな世界観”

中森明菜『二人静 (「天河伝説殺人事件」より)/Warner Music Japan Inc.

中森明菜が帰ってくるかもしれません。スポーツニッポン(9月12日)が、「第73回紅白歌合戦」への出場をNHKが打診していると報じました。

 今年がデビュー40周年の記念イヤー。1989年のコンサート特番が話題となり、その後はツイッターアカウントも開設するなど、活動再開に向けた一挙一動が注目を集めています。長らく表舞台から遠ざかっていても、復帰への期待は高まるばかり。何がそんなに人をひきつけるのでしょうか? 1980年代のアイドルブームで異彩を放った理由を改めて考えてみたいと思います。

◆ヒット曲のほとんどが「短調」

 中森明菜の全盛期は、筆者が幼稚園から小学校低学年ぐらいにかけてでした。物心ついたときにテレビやラジオから流れていたのが松田聖子や小泉今日子、近藤真彦、田原俊彦、そして中森明菜ということになります。

 そこで幼心に感じたのは、中森明菜の歌と曲だけ妙に怖かった。他の歌手は明るくて楽しいのに、明菜には重たく沈んだムードがあったのですね。彼女の歌を聞くと叱られている気分になり、なぜか申し訳なくなったものです。

 のちに理由のひとつが判明します。それは中森明菜のヒット曲のほとんどが短調で書かれていることです。松田聖子の「赤いスイートピー」や小泉今日子の「なんてたってアイドル」のような楽曲が中森明菜には一切ない。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)