なぜ、人は『スプラトゥーン』にハマってしまうのか? 最新作が「3日で345万本」の衝撃

なぜ、人は『スプラトゥーン』にハマってしまうのか? 最新作が「3日で345万本」の衝撃

"スプラトゥーン"人気の秘密

なぜ、人は『スプラトゥーン』にハマってしまうのか? 最新作が「3日で345万本」の衝撃

なぜ、人は『スプラトゥーン』にハマってしまうのか? 最新作が「3日で345万本」の衝撃の画像

―[絶対夢中★ゲーム&アプリ週報]―

◆3日間で345万本を突破!

 9月9日に発売された『スプラトゥーン3』が絶好調です。任天堂の発表によると国内販売本数が、発売後3日間でなんと345万本を突破。これは、Nintendo Switch向けソフトの3日間の国内販売本数としては過去最高の数字です。今後どれだけ本数を伸ばすか楽しみです。

 そもそも初代『スプラトゥーン』は、Wii Uで2015年に発売されました。『ピクミン』(2001年)以来、14年ぶりとなる任天堂の完全オリジナル作。なぜ『スプラトゥーン』はここまで多くの人をひきつけたのでしょうか。今や看板シリーズとなった、その魅力の秘密を考えていきたいと思います。

◆(1)対戦型シューターとしては異色の世界観

 初代『スプラトゥーン』が発売された2010年代は、『コールオブデューティ』が世界で一番売れるシリーズのひとつとして定着するなど対戦型シューターのジャンルが世界的に盛り上がった時期。しかし、その多くがミリタリーもので、硬派なイメージがありました。それをガラリと一変させたのが『スプラトゥーン』。「まったく新しいゲームを作ろう」と任天堂の中枢である情報開発本部のプロジェクトチームが、半年間かけて70個以上のアイデアを出した結果生まれた本作。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)