北朝鮮で生まれ育った男が“脱北”するまで「息をすることだけが自由だった」

北朝鮮で生まれ育った男が“脱北”するまで「息をすることだけが自由だった」

北朝鮮で生まれ育った男が“脱北”するまで「息をすることだけが自由だった」の画像

小泉純一郎元首相が訪朝し「日朝平壌宣言」を発表したのが’02年。それから20年目となる現在も、拉致問題をはじめとする日朝関係に何ら進展はない。そのさなかに登場した日本発の脱北YouTuberキム・ヨセフ氏は、我々に何を語りかけるのか。

◆命がけで自由を手にした配信者

──’09年に脱北し、韓国での生活を経て’13年に来日しましたね。その後YouTubeを始めたきっかけは何でしょうか?

キム:’20年にドラマ『愛の不時着』が大流行したとき、北朝鮮への誤ったイメージが広まったことに危機感を覚えました。もちろん、ドラマなので美化や誇張はされていますが、自分が生まれ育った情景とは全く異なる。そこで、使命感に駆られて始めました。それまでは脱北者であることも明かさず、ひっそりと生きていくつもりでした。

──チャンネルでは衝撃的な生い立ちや日本で受けたカルチャーショックなどについて配信し、現在、登録者数が11万人に迫ります。反響の大きさをどう感じていますか?

キム:当初は登録者数1000人ほどの段階で「ずいぶん増えたな」という実感はありましたが、ここまでになるとは思わなかったです。ただ、登録者数自体より、確実に応援してくれるファンの数が重要。時には悪意や批判も受けますが、ほとんどが温かいコメントです。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)