ピカチュウジェットが世界の空を飛び回る理由。シンガポールのLCCスクートに搭乗

ピカチュウジェットが世界の空を飛び回る理由。シンガポールのLCCスクートに搭乗

シンガポール到着後に笑顔を見せる乗務員一同

◆ポケモンが描かれたジェットはANAにあった

ポケットモンスターは1996年に誕生し、26年が経過した。全てのポケモン関連ゲームソフトの累計出荷本数4.4億本以上となり、ゲーム界の王者の位置を不動のものとしている。原点であるゲームから派生したテレビアニメは192か国で展開。カードゲームで77か国になる。

エアラインの販促に用いられたのはANAが1998年と早かった。航空機の機体に塗装を行えば、空港で目立つことこのうえなく、搭乗者だけでなく多くの人の目に付く。

同年7月2日には「ポケモンジェット」の名前でボーイング767-300と747-400の2機に特別塗装を施され、空にデビューしている。

ANAのポケモンプロジェクトは2011年に始まったピースジェットが2016年まで続いて終わる。

◆コロナ禍以降に続々登場

株式会社ポケモンの「そらとぶピカチュウプロジェクト」に賛同したエアラインの中から、スカイマークが2021年6月に「ピカチュウジェットBC」機のサービスを始めた。2022年5月には「ピカチュウジェットBC2」が飛び始めている。

同時期に就航を開始したソラシドエアの「ナッシーリゾートin宮崎号」とAirdoの「ロコンジェット」がある。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)