「VRが引きこもりから救ってくれた」世界最大のメタバースイベント仕掛け人「動く城のフィオ」が語る

「VRが引きこもりから救ってくれた」世界最大のメタバースイベント仕掛け人「動く城のフィオ」が語る

「動く城のフィオ」さん

◆急成長するメタバース市場

 矢野経済研究所が9月21日に発表した予測によれば、国内メタバースの市場規模は2021年には744億円だったが、2026年には1兆円を超えるという。10月にはVR展(VR、AR、MR)という見本市が幕張メッセ(千葉県)で開催され、多くのメタバース企業も集まる。VR(仮想現実)、メタバースへの関心は高まるばかりだ。

 2021年にフェイスブックがメタ社に社名を変更するまでは、「メタバース」という言葉は一般的ではなかった。それがいまやさまざまなバーチャル空間がメタバースと呼ばれるようになり、メタバースの概念は広がっている。一般的には背景にする業界別に3つにわけられることが多いようだ。ゲーム系、Web3系、VR系である。

 ゲーム系メタバースは米「フォートナイト」などオンラインゲームのプレイヤーが仮想空間で楽しんできた世界。このオンラインゲームを基盤(プラットフォーム)にさまざまなサービスが提供されている。

 Web3系メタバースはブロックチェーン技術を基盤に仮想空間の土地やアートを暗号資産(仮想通貨)で購入して投資をしたりする動きだ。

 そしてVR系メタバースは、ヘッドマウントディスプレイ(HMD、VRゴーグル等)を被り、多人数が思い思いのアバター姿で仮想空間の中でコミュニケーションを楽しむものだ。ソーシャルVRとも呼ばれ、SNSの3D版ともいえる。

 今夏大ヒットした映画「ONE PIECE FILM RED」でも、ウタが創り出す「ウタワールド」という物理法則を無視した仮想空間はVR系メタバースのイメージに近い。細田守監督の映画「サマーウォーズ」や「竜とそばかすの姫」はもっと直接的にメタバースを描いてきている。映画を見ればわかるように、別人格として仮想世界を楽しむという、もっとも仮想空間らしい存在がこのVR系メタバースだと言っていいだろう。

 VR系メタバースは、もともとは米国のVRChatというプラットフォームに世界中からアバターが入り、2万を超えるワールドの中で交流を楽しんできた世界だ。バーチャルでのイベントやライブも開かれてきている。日本でもclusterやREALITY(スマホ向けメタバース)などのソーシャルVRのプラットフォームが広がりを見せている。

◆VR系メタバース仕掛け人の素顔

 とはいえ、まだまだ草創期にある国内VR系メタバースだが、2021年2月には「バーチャルリアリティマーケットイベントにおけるブースの最多数」でギネス世界記録に認定されたイベントがある。国内メタバース企業のVR法人HIKKYが主催する、3DCGモデルの即売会や企業の展示会、「バーチャルマーケット」(Vket)である。そして、このイベントの発起人が「動く城のフィオ」さんだ。

 フィオさんは日常的にアバターの姿で活動しており、本名もリアルな姿も非公開。HIKKY社のCVO(最高バーチャル責任者)を務めていて、HIKKY社のウェブサイトにも役員の一人として「動く城のフィオ」の名前で、アバターの画像が掲載されている。

 同社の広報によれば、社員でも実物のフィオさんの姿を見た人は少ないそうだ。まるで、バーチャル空間で生まれて、リアルの世界にやってきた、そんな印象すら受ける。HIKKY(ヒッキー)という社名も「引きこもり」の俗称である「ヒッキー」から来ているらしい。

 そこで、メタバース界でも異色な存在である「動く城のフィオ」さんに話を伺った。取材はZoom(ズーム)やDiscord(ディスコード)など、すべてオンライン上で行った。

――フィオさんの姿を知っているHIKKY社員はどれくらいいるのでしょうか?

「数人ですね。都内にあるオフィスに出社したのは2~3回ほどです。地方や海外在住の人もいますので、基本的にオンラインで会議や打ち合わせをしています。アバターの姿で出席しています。HIKKYでは社内イントラネットでもアバターやアバターネームのままで参加している人がいますので、そういう出社方法は会社的に違和感がありません。

 バーチャルの世界は顔や本名を気にする物理社会と違います。コロナ禍で非接触、リモートワークが広がりましたが、HIKKYでは2018年からZoomを使っていたし、バーチャルマーケットをやっていたのでバーチャル空間(メタバース)でもみんなで集まって打ち合わせをしていました」

◆アバター姿しか見せない理由

――なぜアバター姿で活動しているのですか?

「大きな理由として私は2017年に突如、対人恐怖症になってしまったんです。人の視線が怖くなって、生身の人と相対したり外出したりすることが苦手になってしまいました。どうやらセロトニンというホルモンが分泌されにくくなったため、ストレスに過度に弱くなってしまったみたいなんです。

 それで通勤電車にも乗れなくなって、当時働いていた会社に迷惑がかかるので退職して引きこもりになってしまいました。だけどアバター同士ならば抵抗なく会話ができました。それで以後はアバターで対外的なコミュニケーションをとるようになったんです。最近ではZoomなどでリアルな人と会話することはできるようになりました」

――そのうつ病は治らないのですか?

「ホルモン分泌は脳の構造の問題で、職場のストレスなどでかかる外因性のうつ病と違って、治りようがない一生モンなんです。どうしたらよいのかと本当に絶望しました」

――その状態から、どうやってメタバース企業の役員になるまで社会復帰したのですか?

「半年間、絶望したままベッドにこもりっきりで、TwitterとYouTubeばかり見ていました。そんな中でVTuberブームが起きて、ある時、界隈で有名だったVTuberが『これからバーチャル空間に王国をつくる』と宣言しました。それを聞いたときに、バーチャル空間に国ができれば、そこに活路があるかもしれないって思ったんです。思いこんだんですね。

 それで自分のアバターを作って、VRChatに入って仲間が増えていってイベントをやるようになりました。そうして必要性に迫られてアバターの即売会を開くようになり会社を作ることになって、企業協賛もついて収益が出るようになっていったのです」

◆引きこもりが作ったメタバース企業

 とんとん拍子に見えるが、それを担保しているのがフィオさんのずば抜けた能力だ。そもそも、素人が3DCGアバターを作るのは容易なことではない。それをフィオさんは当時、無職で時間があったとはいえ2週間ほどでオリジナルの3DCGアバターを制作している。

 3DCGモデルを制作するには、PCとネットさえあれば十分ではある。お金もプログラミング知識もほとんど必要はないのだが、無料で入手できるUNITY、Steam、Blenderなどのソフトを使いこなすのはたいへんな作業だ。しかも当時は、解説動画や解説記事もなくテキストもほとんどが英語だったという。その一方で、フィオさんがメタバースと親和性が高かった点もある。もともと漫画やゲームを趣味で作っていたというクリエイター・エンタメ気質であったのだ。

――会社設立のきっかけは何だったのですか?

「VRchatで活動していてもお金にはなりませんでしたが、それでも生きていられました。昼はベッドから出られず寝ていて、夜はどっぷりとVRchatの世界にはまるという生活をしていました。バーチャル空間でゲーム大会やイベントを開いたり、企業にゲームの景品を協賛で出してもらったりするくらいはやっていました。

 そうやって動いていたらいつの間にか目立つようになっていって、舟越靖さん(現・HIKKY社CEO)や現HIKKYクリエイティブディレクターのさわえみかさんから『一緒に何かやらないか』と声をかけられたんです。

 3Dアバターや3DCGモデルを交換したり販売したりする場が必要だと常々思っていたので、コミックマーケットのような『バーチャルマーケット』(Vket)を作ろうということになりました。そして、舟越さんが『今後のことを考えて、会社組織を作った方がよい』と、HIKKYを設立しました」

◆2回目の開催で収益化、企業が続々と参入

 HIKKYでは舟越さん、さわえさん、フィオさんらがボードメンバーに就任した。とはいえ、1回目のバーチャルマーケットは手弁当で開催。当時、3Dアバターを制作できるクリエイターのほとんどが出展し、大きな反響があったという。

 手ごたえを感じたフィオさんらは2回目のバーチャルマーケットを半年後に開催することに決め、営業力のある舟越さんが企業を次々に誘致。JR東日本など感度のいい企業が次々とイベントに参加するようになり、2回目にしてバーチャルマーケットは収益化が実現した。当時、バーチャル空間でマネタイズすることは非常に珍しいケースだった。

 その後、バーチャルマーケットは半年ごとに開催するようになり、今年8月には7回目のバーチャルマーケットが開かれ、延べ100万人以上が参加、60企業が出展した(次回は12月)。2021年11月にはNTTドコモが同社のXR戦略のためHIKKY社と資本業務提携、65億円を出資している。メタバース産業は着実に拡大を続けている。

 フィオさんは9月末に『メタバース革命 バーチャル経済圏のつくり方』(扶桑社)を上梓、そこではVR系メタバースの職種や仕事内容が詳しく紹介されている。メタバースではどのような職業があり、どのような技術や経験が必要かなど実践的なもので、何千時間とメタバースで暮らし、働いてきたフィオさんならではの内容だ。HIKKY社員の生活も紹介していて、パニック障害を抱えていたり、子育て中のシングルマザーなどがメタバースを活用して勤務時間を調整したりといった、働き方の一端も知ることができる。

◆バーチャル空間では「自分が何をやりたいか」が重要

 フィオさんにはバーチャル空間ではアバターとアバター名しか知らない友人・知人が多く、不思議とそれで信頼関係も構築できているという。

「物理社会では顔や肩書や本名が気になるものですが、バーチャル空間では<自分が何になりにきたのか><自分が何をやりたいか>という点を軸に会話します。私もそこを重視してきました」

 バーチャルマーケットの仕事をメタバースで知り合った人物に発注したところ、契約の段階で高校生だと知って慌てたこともあるそうだ。今のメタバースでは、「やりたいこと」と「スキル」があれば、年齢や居住地に関係なく仕事をしていける状況にあるということを示す例だ。

「最近はメタバースと呼ばれて注目されるようになりましたが、このバーチャル空間で仕事ができるならば、アバターの姿でしか活動できない私も生きていけます。私のような対人恐怖症の人たちだけでなく、物理社会ではさまざまな制約があって働きづらい立場の人たちがいます。その人たちのためにも、これからバーチャル経済圏をちゃんと作っていきたいんです。メタバース人材はこれからどんどん生まれてくるのですから」

 新しい経済圏はもう生まれている。この動きはますます加速していくだろう。

取材・文/楠木春樹(ライター)

関連記事(外部サイト)

  • 1

    Gaming disorderぽい 巣食われてる感いっぱいの煽り

すべてのコメントを読む