元妻ら7人からセクハラ・パワハラ告発された大物ミュージシャン。#MeToo旋風が音楽界にも

元妻ら7人からセクハラ・パワハラ告発された大物ミュージシャン。#MeToo旋風が音楽界にも

ライアン・アダムスのアルバム『ハートブレイカー』

アメリカの音楽界を揺るがす大スキャンダルに発展するのだろうか。

 ロックミュージシャン、ライアン・アダムス(44)に対して、元妻で女優のマンディ・ムーア(34)ら7人の女性が、過去に受けたハラスメントを「ニューヨークタイムズ」(2月13日)で告発したのだ。

◆未成年とのビデオチャットでFBIが捜査をスタート

 ショッキングだったのは、当時未成年の女性とオンライン上で性的交渉を持った疑いもあることだ(アダムス自身は否定)。FBIがこの件の捜査に着手したため、アダムスの新譜発売が延期される事態になっているのである。

「ニューヨーク・タイムズ」紙によると、元妻のマンディ・ムーアが訴えているのはパワハラ。「君は楽器を弾かない。だから本物のミュージシャンじゃない」などと言い放ち、アダムス以外の業界関係者との接触を禁じて、ムーアのキャリアアップを妨害したのだという。

 アダムスがデビューのきっかけを作った、ミュージシャンのフィービー・ブリッジャーズ(24)は、同様の嫌がらせとセクハラの被害を語っている。ホテルの部屋に呼び出されると、彼が真っ裸で待ち構えていたそうだ。

 一連の告発に、かつてアダムスとツアーを回った経験のあるカレン・エルソン(40)も反応した。自身のインスタグラムに、「あれはいまでもトラウマになってるわ」と投稿したのだ。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)