是枝裕和監督、映画デビューは意外と遅かった!? 『万引き家族』でアカデミー賞受賞なるか

是枝裕和監督、映画デビューは意外と遅かった!? 『万引き家族』でアカデミー賞受賞なるか

是枝裕和監督、映画デビューは意外と遅かった!? 『万引き家族』でアカデミー賞受賞なるかの画像

昨年5月、第71回カンヌ国際映画祭で、最高賞のパルムドールを受賞した事が記憶に新しい是枝裕和監督の『万引き家族』だが、先月発表された第91回アカデミー賞外国語映画部門にもノミネート作品として選出されている。

 第91回アカデミー賞受賞作品の発表は、2月24日(日本時間2月25日)に迫っており、『万引き家族』の受賞への期待が高まっているのだ。この受賞が実現すれば、2008年に同賞にノミネートされ、受賞した日本映画『おくりびと』以来の快挙!

 是枝監督は過去のインタビューで『万引き家族』について、「犯罪でつながった家族の姿を描くことによって、あらためて絆について考えてみたいと思いました」と語っている。そんなアカデミー賞発表を控える是枝監督が、これまでどのようなキャリアを辿り、どのような作品を撮ってきたのか振り返ってみよう。

◆映画を撮り始めるのは意外と遅い? キャリアのスタートはテレビ制作会社

 是枝監督は1962年生まれ、東京都出身。小学校時代から中学校時代は映画好きの母親の影響で、さまざまな映画を鑑賞していたそうだ。そしてこの頃、アレクサンドル・ビッソンの戯曲をもとにし、母と息子の葛藤を描いた映画『マダムX』を観て、子供ながらに号泣するという感受性豊かな一面を見せていたという。

 高校時代から大学時代は小説で食べていきたいと考え、早稲田大学第一文学部に入学。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)