役所広司の息子は演技派俳優? 親の七光りを感じさせない二世タレントたち

役所広司の息子は演技派俳優? 親の七光りを感じさせない二世タレントたち

役所広司の息子は演技派俳優? 親の七光りを感じさせない二世タレントたちの画像

近頃の芸能界において、二世タレントの活躍が目覚ましい。渡辺謙の娘である女優の杏、奥田瑛二の娘である女優の安藤サクラ、千葉真一の息子である俳優の新田真剣佑、岡田圭右(ますだおかだ)の娘でタレントの岡田結実などなど。

 しかしその一方で、「え?この人もそうなの?」と驚いてしまう二世タレントも少なくない。そこで今回は、“親の七光りを感じさせない二世タレント”をピックアップし、そのキャリアを振り返る。

◆実力派俳優・大森南朋は麿赤児の息子

 映画では『殺し屋1』『さよなら渓谷』『アウトレイジ 最終章』などで確かな存在感を放ち、ドラマ『ハゲタカ』でもよく知られている大森南朋は、その渋い風貌と抜群の演技力によって当代きっての演技派俳優としての地位を確立している。

 しかし、実は俳優/舞踏家である麿赤児の息子で、二世俳優という立ち位置。よ〜く見ると、顔がとても似ている。大森自身、出演作が非常に多いため、二世というイメージは少ないのではないだろうか。

 ちなみに、大森の兄も業界人。映画『まほろ駅前多田便利軒』『さよなら渓谷』などを手掛けてきた大森立嗣監督で、まさに芸能家族だ。

◆俳優・寛一郎は若手演技派俳優

 俳優・佐藤浩市といえば、日本を代表する名優・三國連太郎さんの息子であることはよく知られているが、若手の中のバイプレーヤーとして順調なキャリアを積み重ねているのが、佐藤浩市の息子である俳優・寛一郎だ。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)