『底辺グラドル』白川花凛が厳しい現状語る 「パンツを売ることを考えたことも」

『底辺グラドル』白川花凛が厳しい現状語る 「パンツを売ることを考えたことも」

記事まとめ

  • 現役女子大生グラドルの白川花凛が『底辺グラドル』の厳しい現状を語っている
  • 白川は「お金がなくて、パンツを売ることを考えたこともありました」と明かす
  • 最初の撮影時はスタッフに言われるがまま"泡ブラ"をやってしまい後悔しているという

底辺グラドル・白川花凛が語る厳しい現状「ご飯はカップ麺と塩パスタ。極貧でもアイドルを続けたい」

底辺グラドル・白川花凛が語る厳しい現状「ご飯はカップ麺と塩パスタ。極貧でもアイドルを続けたい」

底辺グラドル・白川花凛が語る厳しい現状「ご飯はカップ麺と塩パスタ。極貧でもアイドルを続けたい」の画像

◆「ご飯はカップ麺と塩パスタ」。極貧でもアイドルを続けたい

「中学3年生のときに両親が離婚して、私は母についていきました。負担をかけたくなかったし、お小遣いも貰わず成人式にも参加しませんでしたね」と語るのは、現役女子大生グラドルの白川花凛さんだ。

 もともとアイドル志望だった彼女は14歳のときにミクシィを通じて知ったイベントに出る形で“地下”デビュー。以来、ライブやグラビアを中心に活動してきたが、現在も含めお金の苦労から解放されたことは一度もないという。

「私のような底辺グラドルの場合、衣装代や交通費といった活動費はすべて実費負担。高校時代はアイドル活動の費用を捻出するために1か月のうち20日以上バイトすることもありましたね。学校に行ってバイトに出て、帰宅するのはいつも24時過ぎ。あまりにもお金がなくて、パンツを売ることを考えたこともありました」

 その後は芸能事務所に所属するが、仕事は過酷なものばかりだ。

「最初のグラビア撮影のときもマネジャーの付き添いがなく、スタッフに言われるがまま、いきなり“泡ブラ”までやってしまい……。今ではものすごく後悔しています」

 一昨年には「私が売れないのは覚悟が足りないから」と、一念発起して一人暮らしを始めた彼女。しかし、その目論見も外れてしまう。

「神奈川の実家から東京の大久保に引っ越したんですが、お金がないから食事は塩をかけたパスタか、ファンから貰ったカップラーメンばかり。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)