中古38万円の高級車セルシオ vs 新車の軽自動車、どっちが得か考察 【腕時計投資家・斉藤由貴生】

中古38万円の高級車セルシオ vs 新車の軽自動車、どっちが得か考察 【腕時計投資家・斉藤由貴生】

38万円で買ったトヨタ・セルシオ

 腕時計投資家の斉藤由貴生です。いいものをお得に消費する日々を送っている私ですが、最近時計のほかに高級品を1つ買いました。いいものといっても私の著書『もう新品は買うな!』に書いたとおり、売る前提であれば本質的にはまったく高くありません。

 さて、私が買ったいいモノとは車なのですが、その車とはトヨタ・セルシオ。セルシオといえばかなりの高級車として有名ですが、今回そのクルマを38万円(総額)で買いました。

 クルマに興味のない人からすると、「廃車寸前のボロボロ車を掴まされたネタ」かと思われるかもしれません。また、クルマに詳しい人からすると「今時セルシオかよ、しかも30前期(笑)」という感じでしょう。そして38万円で買っても税金が高かったり、維持費が高いと突っ込む人も多々いるでしょう。

 なんてたって、このセルシオはV8 4.3リッターという巨大なエンジンが搭載。多くの人がハイブリッドカーを買い、セルシオクラスの高級車までもが2リッター程度までエンジンをダウンサイジングする今では、かなり敬遠されるクルマです。

 実際、先日私の手元には8万7900円もの自動車税納付書がやってきました。また、数か月走った結果の平均燃費はリッター6kmといったところです。これがハイブリッドのクラウンやレクサスGSならば、自動車税は5万円以下、燃費はリッター10kmを超えるでしょう。

 セルシオはあまり壊れるクルマではなく、整備代がそこまでかからない反面、高い自動車税と燃費の悪さは、維持費の高さに繋がりそうなところです。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)