新日本プロレスの外国人選手バスに潜入――フミ斎藤のプロレス読本#006

新日本プロレスの外国人選手バスに潜入――フミ斎藤のプロレス読本#006

本日から全10話でお届けするシリーズ読み物“Midnight Soul”。筆者が1994年2月に小説誌『月刊小説王』(角川書店)に発表した習作“Image Circuit”に加筆し、新タイトルに改題したものです。

 1992年

 レインボー・ホールを出ると、ひんやりとした12月の風が顔にぶつかってきた。体育館のなかが熱かったぶん、外の空気がよけいに冷たく感じる。知らないうちに汗をかいていたようだ。

 1万人を超す人びとがいっせいに立ち上がったり、座ったり、びっくりしたり、ため息をついたりしたら、それだけで温風ヒーター付の大音響になる。

 リングの上ではまだ試合がつづいている。何秒かにいちどずつゴーッという歓声が波打ってきては、満ちた潮がゆっくり引いていくようにやがて沈黙が訪れ、またしばらくするとゴーッという歓声が響いてくる。

 メインイベントを最後まで観ないで現場から出てくるなんて、プロレス雑誌の記者としては失格かもしれない。

 時間は9時15分をちょっとまわったところだった。新幹線の上りの最終にはもう間に合わないだろう。でも、なんとか今夜じゅうに東京の編集部に戻りたい。

 選手たちは全員、試合が終わるとそのまま大型バスに乗って東京に戻る。あしたはあしたでまた千葉・松戸で興行がある。

 東京に帰るにはこのバスに乗せてもらうしかない。ちょっとずうずうしいかもしれないけれど、試合が終わるまえにバスに乗り込んでおいて、みんなの帰りを待っていることにした。

 移動バスは日本人選手用と外国人選手用の2台。こういうときは、迷わず外国人サイドを選んだほうがいい。

 日本人選手側のバスにも何度か乗せてもらったことがあるけれど、やっぱりあの空間は――そういう貼り紙はしていないけれど――“Keep Out関係者以外立ち入り禁止”だ。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)