謎のサービス“呪い代行業者”――その実態と呪いの真偽を探ってみた

謎のサービス“呪い代行業者”――その実態と呪いの真偽を探ってみた

通販されている藁人形セット(8000円)

「あなたに代わり“呪いを代行”します」

 ネット上には、そういった言葉を掲げ、呪い代行という変わったサービスを提供する「呪い代行業者」が存在する。その方法は各業者によって異なり、“呪いの藁人形”など、日本では古くから知られた呪術を使用する業者もあれば、“悪魔召喚儀式”など黒魔術らしき業者も見受けられる。

 各業者に共通していえることだが、その実態は謎に包まれ、利用者やその依頼内容、そして呪術の効果などは不明な点が多い。

 そこで記者は、呪い代行業者の実態とその効果を探るべく、ネット上で呪いの藁人形セットの通販もしている「呪い代行、呪術代行業者・日本呪術研究呪鬼会」(以下、呪鬼会)に取材を依頼。今回は、その全貌に迫ってみた。

◆じつは依頼の6割が恋愛にかんする相談!?

「呪鬼会に寄せられる1か月の相談件数は約40件。じつは依頼内容のほとんどは恋愛にかんするモノであり、利用客は30代から40代の方が多いです」

 どんな陰湿な話が飛び出してくるのかと思いきや意外(!?)にも恋愛にまつわる相談がほとんどなのだという。呪鬼会の担当者は、ある40代の女性利用客のエピソードをこう語る。

「40年間異性と付き合ったことのない会社勤めの女性から恋愛相談を受けたことがあります。呪術には写真を使用します。彼女は容姿にコンプレックスを抱いていたようですが、その写真を見る限り、彼女の容姿はいたって普通。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)