「授業で教えるべき!」と絶賛された異色のファッション本とは?

「授業で教えるべき!」と絶賛された異色のファッション本とは?

男女を問わない「おしゃれの教科書」となる一冊だ

 ファッション指南であるにもかかわらず、「○○○の白シャツが定番」や「○○○のトレンチコートはマスト」といったように個別のアイテムを一切推奨しない本がある。書かれているのは、おしゃれになるためのルールとその実践方法だけ。ファッション指南本としては極めて異色の本だと言っていいだろう。Amazonのレビューを覗いてみると、「『新世界!です』『絶対的なオリジナリティ』『中学生に授業で教えるべき』『[はじめに]と[おわりに]を最初に読みましたが、それだけで泣けました』『心が震えました』」と、およそファッションの本とは思えない感想が続々と寄せられている。アパレル企業の元パターンナーという経歴をもつ著者の小林直子さんに、「結局、何を買うべきなのか」聞いてみた。

――著書『わたし史上最高のおしゃれになる!』では、オススメアイテムが一切紹介されていません。読者がいちばん知りたいことだと思うのですが、なぜでしょうか?

小林:私はその人がどういう人で、どうなりたいかを知らないので、何かをお勧めすることはできません。またオススメアイテムを着ることと、おしゃれに見えるかどうかは別の問題です。私はおしゃれになるためには、ファッションを知ること、勉強することが必要だと思っています。これまで「おしゃれを勉強する」という概念はありませんでした。おしゃれとは、センスのいい人に先天的に与えられた特権のようなものであり、または、お金があるかないかという経済上の問題として片づけられてきたわけです。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)