有名人の浮気発覚が連発中。だが、それは本当に「浮気」なのか?【カリスマ男の娘・大島薫】

有名人の浮気発覚が連発中。だが、それは本当に「浮気」なのか?【カリスマ男の娘・大島薫】

大島薫

見た目は美女でも心は男――。「カリスマ男の娘」として人気を博し、過去には男性なのに女優としてAVデビューを果たした大島薫。女性の格好をしたまま暮らす“彼”だからこそ覗ける、世の中のヘンテコな部分とは?

 浮気の基準はどこから?という永遠のテーマに自分なりに答えを出してみようと思う。

 5月18日発売の女性セブンにて、またもや不倫の話題が取り上げられた。バイオリニストの葉加瀬太郎さんが、自身のコンサートツアーのコーラスメンバーとデートの後に、路上でキスをしているところを目撃され、これは不倫なのではないかと報じられている。

 昨年1月の”ゲス不倫”から芸能界の不倫騒動が後を絶たないが、ホテルに2人でいる写真などとは違い、今回は「デート」と「キス」をするという段階の話だ。ボクはここで、ふと疑問を持つ。はて? なぜ他人が「不倫」や「浮気」の基準を決められるのだろうか。

 この不倫報道が続く最近の流れで、ワイドショーや報道番組などで同時に語られてきたのが、この「浮気の基準」だ。ある人は「肉体関係を持ったら浮気」といい、ある人は「好きになったら浮気」という。一応、民法上では「不貞行為」が行われたら浮気とみなされるらしいが、この「不貞行為」がどこまでを指すのかは、定義があいまいだそうだ(過去の判例とかによると、セックスは明確にアウトらしい)。

 そもそもそれだって、浮気をされた本人が訴えるかどうかは当事者の基準によるじゃないか。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)