クルマは欲しいけど、お金がない若者の味方は本当!? Uber、カーシェアの意外な落とし穴に注意

クルマは欲しいけど、お金がない若者の味方は本当!? Uber、カーシェアの意外な落とし穴に注意

2001年式のTOYOTAソアラ。購入時の走行距離が10万kmを超えていたため登録できず

「若者のクルマ離れ」が叫ばれて久しい。事実、「クルマ離れ」は確実に進んでいるようである。野村総研の調べによると、2030年の乗用車保有台数は、2014年に比べ9%減少の約3600万台になる見込みだ。

 だが、こうした消費傾向を示す言葉に対しては、しばしば「若者の低所得化」が起きていることが本質的な理由であるという指摘がある。クルマを所有することに価値を見出し、今すぐ乗りたいと考えていても、経済的な理由で買うことができない人が少なくないのだ。

 クルマを所有すると、平均して月1万3600円の維持費が必要と言われる(ソニー損保「2016年全国カーライフ実態調査」より)。だが、今は維持費を節約できるサービスや方法が出てきている。こうした後押しもあり、実はマイカー購入を決意する人も少なくない。

 ある男性は、カーシェアでの収入を期待して中古の11年落ちのポルシェカイエンを200万円で購入し、月に15万円ほどの副収入を得ている。大事な愛車の運転席に他人が乗ることについては「ぜんぜん抵抗ありませんね、維持費が安くなるならそれでいいです」と語る。

 また、既にクルマを所有しているものの、カーシェアの収入が入ったことで車格の高いクルマに買い替えたケースもある。2010年式のスバルのレガシィを乗っていた男性は、同じく個人間カーシェアサービスのAnycaに登録したところ、月に2〜3回のシェアリクエストが入ったこともあり、維持費削減に一定の期待ができると判断し、昨年アウディのA5を購入したという。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)