アンケート調査で満足度の低い「マクドナルド」が、それでも人気のワケ

アンケート調査で満足度の低い「マクドナルド」が、それでも人気のワケ

アンケート調査で満足度の低い「マクドナルド」が、それでも人気のワケの画像

世のサラリーマンたちの胃袋と財布の味方である「激安飲食店」で、もっともおいしいメニューとは何か? 30〜50代の食通男性200人にアンケート調査を実施、その投票数から「満足度の高いチェーン店」ランキングで、奇しくもワースト1位に選ばれたマクドナルド。悪評ばかりが目につくが、一方満足度の高さでも6位にランクインしている。今回は、そんなマックの秘密に迫る!

◆満足度の低いマックがそれでも人気のワケ

 満足度の低いチェーン1位のマクドナルドだが、なかでも多かったのが昨年11月下旬〜12月中旬にかけて期間限定発売されていたかるびマックの悪評ぶり。限定メニューは当たり外れが大きいとはいえ、「具がほとんどなく、写真とまったく違う」(50歳・営業)といったコメントが数多く寄せられ、評価を落とす要因になったようだ。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1334428

 だが、その一方で満足度の高さでも実は総合6位にランクイン。その要因に「味の向上」を挙げるのは、飲食プロデューサーのイナダシュンスケ氏だ。

「レギュラーのハンバーガーのパティはこっそりと確実においしくなっています。また、朝食メニューは以前から好評で、ソーセージマフィンは100円で購入することが申し訳ない気分になるレベル。一時期の低迷はいざ知らず、業績も回復、“行かない理由がないお店”になりつつある気がします」

 それに日本人なら誰もが一度は食べたことがあり、「ビッグマックやてりやきマックバーガーは昔から慣れ親しんだ味。今でも定期的に食べたくなる」(35歳・製造)といった支持する声も。

 賛否両論あるということは、有名チェーンの宿命なのかもしれない。

【イナダシュンスケ氏】

飲食プロデューサー。飲食店経営の傍ら、業態・メニュー開発に携わるコンサルタント。ツイッターでの食レポやブログの「サイゼリヤ100%活用術」などの情報発信も行う

― [激安飲食店]絶品ランキング ―

1

関連記事(外部サイト)