京都にちょこっとだけ開通した新名神は、まるで無人の荒野を往くが如し

京都にちょこっとだけ開通した新名神は、まるで無人の荒野を往くが如し

新名神城陽―八幡京田辺間

 去る4月30日、新名神の城陽JCT-八幡京田辺JCT間3.5kmが開通したので、実走してきた。

 わずか3.5kmとは言え、一応天下の新名神である。しかし交通量は恐ろしいほど少なく、ピカピカの4車線道路は無人の荒野の如し。まるでSFのような光景だった。

 しかも現場には「新名神」の文字はごくわずかで、案内標識には「京奈和自動車道」「第二京阪道路」の文字ばかりが目立つ。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1338025

 それもそのはず、この3.5kmは、この2本の道路を接続するために建設されたのである。

 前後の新名神(大津-城陽間および八幡京田辺-高槻間 合計36km)は、15年前の道路公団民営化議論によって建設が凍結。そのまま凍結が続けば、城陽-八幡京田辺間は、ポツンと取り残された孤島のような新名神になる「はず」だった。

 その場合、新名神という呼称はかえって混乱を招く。案内標識に新名神の名前がないのは、それが理由だ。

 前後区間の建設が凍結されたのには、理由がある。

 新名神の大津-高槻間は、名神高速と並行する京滋バイパスおよび第二京阪道路に、さらに並行する形になり、完成すると3本の高速道路が並ぶ。これはさすがにムダだということで、民営化委員だった猪瀬直樹氏が、小泉首相(当時)に建設凍結を進言した唯一の区間なのだ。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)