原子力発電の割合は約78%。世界一の原発大国フランスのEV(電気自動車)事情

原子力発電の割合は約78%。世界一の原発大国フランスのEV(電気自動車)事情

原子力発電の割合は約78%。世界一の原発大国フランスのEV(電気自動車)事情の画像

 今年一番のフランスの話題といえば大統領選。決戦投票で、中道・独立系のエマニュエル・マクロン氏が極右・国民戦線のマリーヌ・ルペン候補を破って勝利したことで、イギリスのEU離脱の是非を問う国民投票のような大どんでん返しはありませんでした。そんな大統領選に揺れたフランスで新型スマートEVに試乗してきました。

西村直人=文 Text by Nishimura Naoto

◆フランスの原発依存は世界一!

 日産リーフ強し! EVの世界マーケットで販売実績25万台以上と、世界一売れたEVとして君臨し、日本でもコンスタントに月約1500台も売れているのがリーフだ。もっとも売れているのには理由があって、国からの補助金を差し引けば250万円程度で購入可能な車両価格もさることながら、1回あたりの充電走行距離も280km(30kWhバッテリー搭載車のカタログ値)と、実用に足ることも販売を後押ししている。

 足りないと言われ続けている急速充電スポットも、今や7000か所以上あり、普通充電スポットと合わせると2万2000か所以上に増えた。数の上では、減少著しいガソリンスタンドの3万2333か所(資源エネルギー庁調べ/’16年)との逆転も近いかもしれない。

 そのリーフに続く販売台数を誇るのが、仏ルノーのZoe(ゾエ)と米テスラのモデルSだ。

 テスラの躍進は別の機会に触れるとして、今回話題にしたいのは大統領選の決戦投票で揺れたフランスのルノー。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)