ホーク・ウォリアー「そう、新しい生活It’s my new life」――フミ斎藤のプロレス読本#011【Midnight Soul編6】

ホーク・ウォリアー「そう、新しい生活It’s my new life」――フミ斎藤のプロレス読本#011【Midnight Soul編6】

“Midnight Soul”エピソード6は、ホーク・ウォリアーのつぶやき。“暴走戦士”ロード・ウォリアーズはどうしてコンビ解消を選択したのか(写真はホーク・ウォリアーのオフィシャルPhotoより)

 1992年

 つい数か月まえ、ホークとアニマルは9年間つづけてきたコンビを解消してしまった。なんだか、あまりにもあっけない感じだった。

 どうやら、チーム解散を先に口にしたのはホークのほうだったらしい。ふたりはそれまで年間250試合のスケジュールをずっといっしょに闘ってきた。1年じゅう、おたがいの顔を見ない日なんてなかった。あくまでもふたりひと組でロード・ウォリアーズだった。

 アニマルは、もうしばらくコンビを組んでいたかったようだ。タッグチームとしては最後の海外遠征となったイギリス・ツアー中、ふたりはこれからの活動について率直な意見を交換するミーティングの場を持った。

 そこでどんな話し合いがあったのかはわからないけれど、結果的にホークはツアーを途中で放り出してアメリカに帰ってしまった。

 ウォリアーズがLOD(リージョン・オブ・ドゥーム)のチーム名で専属契約を交わしていたニューヨークのメジャー団体WWEは、試合を無断でボイコットしたホークを出場停止処分にしたが、ホークのほうでももうニューヨークに戻るつもりはなかった。

 それから2カ月後には、けっきょくアニマルもWWEを退団した。ひょっとしたら、ある部分ではホークよりもアニマルのほうがロード・ウォリアーズに愛着を持っていたのかもしれない。

「ここ何年かでね、いまがいちばんハッピー。ほんとうだぜ。なんだか、デビューしたころに戻ってもういちど最初からやり直しているような気分だよ」

 そこまでいっきにいうと、ホークはそうなんだ、そうなんだ、と自分のことばにうなずきながらビールをぐっと飲み込んだ。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)