一日の平均労働時間は4時間。年収300万円でも幸福な生活とは?

一日の平均労働時間は4時間。年収300万円でも幸福な生活とは?

※写真はイメージです

出世や転職で年収増を目指すのがサラリーマンの本懐。だが、収入が上がったはいいが、激務に忙殺され、家では家族サービスを強いられ、部下からは突き上げを喰らい、やがて体を壊し……という「高収入でもプア」な人々がいるのも事実だ。では、「低収入でも幸福を感じる」人々はどのようなライフスタイルなのか? ここでは「世帯年収400万円でもリッチ」と断言する人々のケースを紹介しよう。

◆英語堪能な外資系キャリア。“転落人生”の末に見つけたカネでは買えない気ままさ

…佐伯英昭さん(仮名・43歳)/年収300万円/既婚・子供なし

「そもそもお金ってそんなにたくさん必要なものですかね? 月収20万円もあれば、普通に都市部で生活できると思うんですけど」

 そうしれっと語るのは、自由極まりない生き方を選択する佐伯さん。現在はクレジットカード会社が発行するフリーペーパーで執筆をしつつ、企業や学校から依頼があれば作詞・作曲活動も行う。年収は300万円といったところだ。

「仕事量は波があるけど、ならすと一日の平均労働時間は4時間くらい(笑)。午前中はジムで2時間くらい汗を流し、夜はテレビを観ながら晩酌することが多いかな。昼間だけ駅前のコワーキングスペースで作業する感じです」

 英語が堪能な佐伯さんは、かつてロンドンに本社があるコンサルティング会社に勤務するバリバリのキャリアだった。当時の年収は800万円オーバー。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)