家賃4000円の部屋で30円の古着おしゃれを楽しむ、海外年金暮らしの66歳〜日本を棄てた日本人〜

家賃4000円の部屋で30円の古着おしゃれを楽しむ、海外年金暮らしの66歳〜日本を棄てた日本人〜

洗濯すると損をしてしまいそうな30円の古着

 月々7万円に満たない国民年金。

 これまで海外旅行など全く縁のなかった老人たちが、ただ「生活費が安い」という理由だけで、アジアの国々に続々と移住している。

 しかし残念ながら、そこに明るい要素は見当たらない。人気の移住先であるタイやマレーシアは、今や日本と並ぶ物価高。つまらない日本食が日本より高くついてしまう。

 物価の安さが取り柄のカンボジアやフィリピンも、昨今は経済成長著しく、もはや国民年金だけで生きるには、相当のやりくり上手である必要がある。

 本コラムで前回紹介したF原は、この十年、ビザもとらずカンボジア・プノンペンの最底辺スラムに滞在を続け、不法移民の分際で小さなアパートまで建ててしまったという、生命力旺盛、サバイバルに長けた老人である。

 F原老人が所有するアパートは、月の家賃が35〜40ドルというプノンペンでも最底辺の激安物件。暗く、メガネが曇るほど湿っぽい部屋は、雨が降れば滝のように雨漏りし、カンボジア人すら裸足で逃げ出す立派な怪奇ルームだが、そんな部屋にあえて引っ越してくる風変わりな日本人も、実は後を絶たない。むろん、背に腹は代えられない訳ありの人々なのだが……。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1339305

◆30円の古着でおしゃれを楽しむ66歳の海外年金暮らし

 あえて魔境に住むことを選んだ今回の主人公、茂田(仮名・66歳)は、現地人と完全に同化した大家のF原とは対照的に、ひと目で日本人と分かる色白の初老男性である。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)