上戸彩 10代の頃は休みなく「現場に行く途中、違う方向の電車に乗ろうとしたことも…」

上戸彩 10代の頃は休みなく「現場に行く途中、違う方向の電車に乗ろうとしたことも…」

上戸彩 10代の頃は休みなく「現場に行く途中、違う方向の電車に乗ろうとしたことも…」の画像

女優としてのキャリアを着実に積み重ねるとともにここ数年で私生活でも大きな変化を迎えた上戸彩。そんな折、平日昼間の妻たちの淫らな日常と純愛を描いて話題となった『昼顔』が映画版として蘇る。母となり、女優復帰を果たした今、再び難役に挑む現在の心中とは?

――以前、週刊SPA!にご登場いただいたのは12年前、まだ19歳のときだったんですよね。当時の記事をご覧になって感慨深いものがありますか?

上戸:う〜恥ずかしい。この頃はまさに反抗期で……今見ると、目が怒ってるもん(笑)。「皆さんが思い描いている上戸彩でいなきゃ、キャラクターを演じなきゃ」って思いつつも、「実際の自分はそうじゃない」っていう気持ちを隠しきれていない。殻を破りたいのに破りきれない、もどかしい頃だったと思います。

――お芝居も歌もバラエティもCMも、とにかく何に関してもオールマイティにこなしてしまう印象があったので「反抗期」は意外でした。

上戸:私、本当はまったく器用じゃないんですよ。そもそも活字が苦手で、実は台本を読むのも毎回いっぱいいっぱい。10代の頃は休みも全然ない生活が何年も続いていて、それも今となってはとてもありがたいことだって理解できるんですが、当時は仕事には我慢がつきものだって思い込んでどうにか乗り切っていました。でもそうなると、今度は“我慢=仕事”という感覚になっちゃうんですよね。それがこの怒り顔の写真に出ちゃってるのかも(笑)。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)