噂の「トランスできるCD」は本物だった。戻りたくなくなるほどの快感

噂の「トランスできるCD」は本物だった。戻りたくなくなるほどの快感

噂の「トランスできるCD」は本物だった。戻りたくなくなるほどの快感の画像

 野草、チーズ、スパイス、VR……決して安全なものだけではないが、限りなく“合法的な手段”だけでハイになるとういう噂の方法を検証。その中に、良くも悪くも本当にトリップできるものはあるのか確かめてみた。

※専門家のもとで実験しています。絶対にマネをしないでください

◆噂の“トぶ”CDは戻りたくなくなるほどの快感

 「トランスできるCD」として一部マニアの中で話題となっているのが「ヘミシンク」だ。ヘミシンクとは、アメリカの超心理学者ロバート・モンローによって開発された特殊音声によって、「変性意識」を味わうことができるというもの。

「慣れれば深いリラクゼーション、知覚の拡大など、さまざまな体験ができるようになります」(青山ヘミシンクセンター・坂本政道氏)

 適切な指導者の下で練習を積む必要があるとのことだが、記者はまず瞑想用CDを体験することに。

 部屋を暗くした中、ヘッドフォンで導入音楽を聴く。そして瞑想用音楽に切り替わると、驚いたことにその途端、意識がガクンと切り替わり完全なトランス状態に。CDの中では男性の声で瞑想を促されるが、あまりの気持ちよさに意識が混濁し、あっという間に30分が経過していた。

 最後には「雲を降りて螺旋階段を下り、地上に戻ってくる」よう誘導されるが、ずっとこの変性意識を楽しんでいたいという衝動に駆られた。

 坂本氏によるとトランスのフォーカスレベルは最高で49まであるといい、記者が体験したのはせいぜい10か12だという。まだこの上があるのかと思うと、空恐ろしくもあった。

― 合法スレスレ的にハイになる方法 ―

1

関連記事(外部サイト)