日本酒は辛口に限るは本当か? ビジネスマンのための一目おかれる酒知識

日本酒は辛口に限るは本当か? ビジネスマンのための一目おかれる酒知識

日本酒は辛口に限るは本当か? ビジネスマンのための一目おかれる酒知識の画像

〜ビジネスマンのための一目おかれる酒知識 第4回日本酒編その1〜

 ビジネスマンであれば、酒好きでなくても接待や会食で酒に親しむ機会は多いです。そして多くの人は「それなりに酒に詳しい」と思っているはず。しかし、生半可な知識、思い込みや勘違いは危険。飲み会の席で得意げに披露した知識が間違っていたら、評価はガタ落ちです。酒をビジネスマンのたしなみとして正しく楽しむために「なんとなく知っているけどモヤモヤしていた」疑問を、世界中の酒を飲み歩いた「酔っぱライター」江口まゆみがわかりやすく解説します。

◆日本酒は辛口がいちばん?

 日本酒は辛口に限るという人、多いですよね。

「大将、日本酒は何がある?」

「どんな酒がお好みですか?」

「やっぱり酒は辛口だね」

「それなら当店ではこちらがオススメです」

「じゃ、それにして」

 こんな会話が日本全国、夜な夜な酒場で繰り広げられています。多くの人が辛口にこだわる理由はなんなのでしょうか。もちろん酒の好みは人それぞれですから、辛口にこだわることにことさら異を唱えるわけではありません。

 でも、「とりあえずビール」みたいに、「とりあえず辛口」と言っているとしたら、それはもったいないと思うのです。

 地酒は、産地によって味の傾向が異なります。

 新鮮な刺身をつまみに飲むような海沿いの酒はスッキリとした辛口、保存食や漬け物などで酒を飲んできた山間部の酒はコクのある甘口が多いと言われています。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)