「ドラゴンゲートはプロレスを利用した“娯楽”」唯一無二のパワーファイター・鷹木信悟の信念とは【最強レスラー数珠つなぎvol.11】

「ドラゴンゲートはプロレスを利用した“娯楽”」唯一無二のパワーファイター・鷹木信悟の信念とは【最強レスラー数珠つなぎvol.11】

「ドラゴンゲートはプロレスを利用した“娯楽”」唯一無二のパワーファイター・鷹木信悟の信念とは【最強レスラー数珠つなぎvol.11】の画像

「最強レスラー数珠つなぎ」――毎回のインタビューの最後に、自分以外で最強だと思うレスラーを指名してもらい、次はそのレスラーにインタビューをする。プロレスとはなにか。強さとはなにか。この連載を通して探っていきたい。

 私がプロレスを見始めてまずやったことと言えば、各団体のTwitterアカウントをフォローすることだった。現在、ほとんどのプロレス団体がアカウントを持っている。プロレスの情報発信ツールとして、いまやTwitterは欠かせない。しかし主要団体で唯一、ドラゴンゲートだけはアカウントを持っていない。なぜなんだろうと不思議に思いつつ、その時点で「ドラゲーを観に行く」という選択肢がなくなってしまった。

 初めて試合を観戦したのは、それから1年が経った頃だった。衝撃的だった。他の団体とは、“速度”が全然違う。選手の動きも速いし、試合展開も速い。当時の私は、「じっくりとしたレスリングで魅せるのが正しいプロレス」という凝り固まった考え方をしていた。だから初めて目にする、華やかでスピーディーなプロレスに戸惑った。猛烈に惹きつけられながらも、まるで禁断の恋であるかのように「好きになってはいけない……」と気持ちに蓋をした。またもや、ドラゴンゲートと距離を置くこととなった。

 今回のインタビューにあたり、1年半ぶりに後楽園ホール大会に足を運んだ。バルコニーから見下ろすリングは、相変わらず煌びやかでまばゆい。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

関連記事(外部サイト)