ロード・ウォリアーズの肉体SFX至上主義――フミ斎藤のプロレス読本#016【ロード・ウォリアーズ編1】

ロード・ウォリアーズの肉体SFX至上主義――フミ斎藤のプロレス読本#016【ロード・ウォリアーズ編1】

本日からスタートした『フミ斎藤のプロレス読本』新シリーズ、ロード・ウォリアーズ編(全15話)。エピソード1は「暴走戦士の肉体SFX至上主義」の巻。(写真はロード・ウォリアーズのパブリシティ・フォトから。Photo Credit: BruceKrietzman)

 198X年

 ロード・ウォリアーズ――人間ばなれした全身の筋肉、きっちりと剃り込まれたモヒカン刈りと逆モヒカン刈り、歌舞伎の“隈どり”を思わせるペインティング、そして鋼鉄のスパイクがちりばめられたコスチュームといったギミックの数かずは、ホークとアニマルの肉体至上主義を具現化した生身のSFXだった。

 アメリカ北部の雪国ミネアポリス生まれの無名のボディービルダーが超売れっ子プロレスラーへの華麗なる変身をとげたのは1983年6月。

 己の肉体だけを武器にノシ上がっていった男たちの生きざまに1980年代後半のアメリカ文化のもうひとつの側面を発見することができる。

 モヒカン刈りのアニマルの本名はジョー・ローリナイティス。1960年、ミネソタ州ゴールデンバレイ出身。逆モヒカン刈りのホークは1957年、ミネソタ州ミネアポリス出身。本名はマイク・ヘグストランド。

 ホークもアニマルもプロレスラーになるまえはこれといった仕事にもつかず、朝から晩まで汗の臭いが充満するジムでウェートトレーニングに明け暮れ、夜は生活費を稼ぐためにバーのバウンサー(用心棒)として働き、気がつくと20代の半分を無駄づかいしていた。

 無名時代のマイク=ホークとジョー=アニマルは、週に何度かジムで顔を合わせるトレーニング仲間だった。運命の糸で結ばれたふたりは、元プロレスラーのエディ・シャーキーのコーチを受け、プロレスの世界に飛び込んだ。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)