SKE48大矢真那「圏外スタートは不安だけど最後は笑顔に」選抜総選挙インタビュー

SKE48大矢真那「圏外スタートは不安だけど最後は笑顔に」選抜総選挙インタビュー

SKE48大矢真那「圏外スタートは不安だけど最後は笑顔に」選抜総選挙インタビューの画像

 AKB48 49thシングル選抜総選挙の速報発表が5月31日に行われた。NGT48の荻野由佳が約5万票を集め1位になるなど波乱を起こし、あらためて選抜総選挙の面白さを感じさせられたが、一方でAKB48の現役唯一のオリジナルメンバーの峯岸みなみが圏外スタートと選挙戦の難しさもみえた。そんななか、同じく圏外スタートなってしまったSKE48の1期生・大矢真那。選挙に強いとされていた彼女だったが昨年はまさかの辞退を選択した。1年のブランクを経て、選抜総選挙に復帰した彼女だが速報の結果を受け、改めて何を思うのか。その胸中に迫った。

大矢:第2回総選挙でランクインさせていただけるようになってから、圏外スタートは初めてだったので……。当時は速報と中間もありましたけど、全部呼ばれていたんですよ。だから圏外に不安になってしまって……。しかも復帰したということで今年は取材とかもいろんなところでしていただいたから、ファンの方も安心しちゃったんじゃないかなって思ったんです。票数も、最後にランクインさせていただいた2年前の速報から比べると1000くらい落ちてるのかな。前は4600くらいだったんですけど、今年は100位が3700だったので。それは私の責任でもあると思うので。ファンの方には笑顔で楽しんでほしいなって思うイベントなんですけど、私自身が笑顔で楽しめるイベントじゃないです。気楽でいられたことなんて辞退した年でさえなかったです。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)