ジュビロ磐田・中村俊輔、移籍理由を語る 指導者を見据え名波浩監督の指導を見るため

ジュビロ磐田・中村俊輔、移籍理由を語る 指導者を見据え名波浩監督の指導を見るため

記事まとめ

  • 中村俊輔は97年にJリーグ入りし、レッジーナ、セルティック、エスパニョールにも所属
  • 10年に古巣の横浜F・マリノスに復帰するも、今季からジュビロ磐田に電撃移籍した
  • 中村は移籍理由として、指導者になることを見据え名波浩監督の指導を見るためと語った

中村俊輔「僕がジュビロ磐田に移籍した本当の理由」

中村俊輔「僕がジュビロ磐田に移籍した本当の理由」

中村俊輔「僕がジュビロ磐田に移籍した本当の理由」の画像

日本サッカー界を長らく牽引してきたこの天才司令塔を知らない人はいないだろう。’97年に高校を卒業し、Jリーグ入りを果たしてちょうど20年。’02年からはレッジーナ、セルティック、エスパニョールと海外を渡り歩き、世界でもその名を轟かせた。’10年に古巣の横浜F・マリノスに復帰するも、今季からジュビロ磐田に電撃移籍、10番を背負う。キャリア20年のベテラン選手が今、自身のサッカー人生、そして電撃移籍の真相に改めて思いを馳せる――。

――今季ここまでを振り返っていかがですか。

中村:やりたいこととやらなければいけないことが、まだたくさんあります。それはチームに対してもそうですし、自分自身に対してもそう。ピッチでは、まだ20%くらいしかできていないのが現実。長いことマリノスにいたので、まだジュビロにいることが不思議な感覚になるときもあります。だからこそ早くいいプレーをして、ジュビロに染まるというか、クラブにもサポーターにも自分を取ってよかったと思われるように示さないといけないと思っています。

――第6節(4月8日)には日産スタジアムで古巣との対戦(1対2で敗戦)もありました。

中村:勝てた試合でしたね。後半の最後に4回ミスった。無心でいこうと思ったけど、ちょっと変な感情もあったりして。もちろん、マリノスの選手やサポーターに対しては感謝の気持ちしかなかったですが、もう少し気持ちを出してもよかったのかなぁ。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)