猪瀬直樹氏の“恋人”蜷川有紀氏。女優から画家へのシフトは自然な流れだった

猪瀬直樹氏の“恋人”蜷川有紀氏。女優から画家へのシフトは自然な流れだった

ダンテの 『神曲 地獄篇』をテーマにした個展『薔薇の神曲』が好評を博している画家、蜷川有紀氏(撮影/越間有紀子)

 生前、「世界のニナガワ」とも称された演出家・蜷川幸雄氏の姪で、元東京都知事で作家の猪瀬直樹氏と交際中の画家・蜷川有紀氏が、東京・汐留のパークホテル東京で開催中の個展が好評を博している。

 1年半の歳月をかけて描き上げた3m×6mの大作『薔薇のインフェルノ』がとりわけ目を引く作品群のテーマは、ルネサンス期のイタリアを代表する詩人・ダンテの『神曲 地獄篇』だ。有紀氏はアートへの想いをこう語った。

「子供の頃から、父が毎日詩作に耽っているのを見てきたので、幼心に芸術への憧れを抱いていました。それに、伯父は油絵画家で、創作のためにエチオピアに移住までしてしまうような人で、父が私に絵を習わせようとしたところ、伯父は『絵は習うものではない』と言ったそうです。どういう意味なのか……芸術の本質的な部分を少女の頃から考えていました」

 父は詩人・水野陽美氏、伯父は画家・水野富美夫氏、叔父は演出家・蜷川幸雄氏、そして妹は女優・蜷川みほ氏、従妹は写真家・蜷川実花氏……と、有紀氏は、錚々たる面々を親族に持つアーティスト・ファミリーの一員でもある。演出家・蜷川幸雄氏といえば厳しい稽古で知られ、ときには俳優に向かって灰皿が投げつけられるエピソードが有名だが。

「確かに、灰皿が飛び交うのは見たことはあります(苦笑)。厳しい人なので、一緒に仕事をしたときは、本当に大変でした。ただ、早くに亡くなった父の代わりに、幼い私は動物園や遊園地にずいぶん連れていってもらいました。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)