ウォリアーズがやって来たヤァ!ヤァ!ヤァ!――フミ斎藤のプロレス読本#018【ロード・ウォリアーズ編3】

ウォリアーズがやって来たヤァ!ヤァ!ヤァ!――フミ斎藤のプロレス読本#018【ロード・ウォリアーズ編3】

『フミ斎藤のプロレス読本』#018 ロード・ウォリアーズ編エピソード3は「ウォリアーズがやって来たヤァ!ヤァ!ヤァ!」の巻。1985年3月、ウォリアーズが待望の初来日を果たした。(Photo Credit: Fumi Saito)

 1985年

 ロード・ウォリアーズは、その特異なキャラクターとそれまでのアメリカのプロレス・シーンでは類をみなかった超バイオレンス殺法を売りものに、ものすごいスピードでスーパースターの座へかけ上がった。

 まるで突然変異のような“ウォリアーズ現象”を生んだ原動力は、そのファイトスタイルも大きなウエートを占めていたが、もうひとつは顔にほどこされたウォー・ペイントと呼ばれるペインティングであったことは疑う余地がない。

 黒、赤、イエロー、そしてときとしてミントグリーンのペインティングでリングに登場してくるウォリアーズに、アメリカの観客は「こいつら、素顔はどんな顔なんだろう」と素朴な疑問を抱き、みごとなまでにビルドアップされた肉体に激しい驚きをおぼえた。

 その意味では、ウォリアーズは正体不明のマスクマンと同じような神秘性を感じさせるタッグチームということになる。

 3月7日、ノースウエスト9便で成田空港に降り立ったホークとアニマルは、トレードマークのモヒカン刈りをバンダナですっぽりと覆い、もちろんノーメイクで税関の入国審査をすませた。

 ウォリアーズをマスクマン的な感覚でとらえるとするならば、ペインティングをしていない姿を写真に撮ることはできない。

 ホークとアニマルは、南ウイングの到着ロビーに出てくるとそのままトイレに直行し、すばやく顔に“隈どり”をして報道陣のまえに現れた。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)