都民ファーストの会「選挙参謀」に聞いた都議選の真の「争点」

都民ファーストの会「選挙参謀」に聞いた都議選の真の「争点」

小池百合子東京都知事の特別秘書で、都民ファーストの会立ち上げ時には代表も務めた野田数氏(撮影/日刊SPA!)

 6月1日、地域政党「都民ファーストの会」(以下、都民F)が総決起集会を開いた。この日、かねてから「二重党籍」との批判の声が出ていた小池百合子東京都知事は、およそ15年間在籍した自民党に離党届を提出。集会の場で新代表に就任することを高らかに宣言した。

 6月23日に告示される東京都議選(7月2日投開票)を控え、政治的立場を明確にすることで、ライバル自民党への攻勢を強める狙いがあると見られているが、それもそのはず。各社世論調査を見る限り、小池新党の人気に陰りが見えているからだ。5月27〜28日に行ったJNNの調査によると、小池都知事を支持すると答えた人が「63%」もいる一方で、都議選での投票先に都民Fを挙げた人はわずか11%……。17%の自民党に大きく水をあけられた格好だが、果たして、再び昨年夏の都知事選のような「小池旋風」を巻き起こすことができるのか? 都民F立ち上げ時に代表を務め、都議選でも「選挙参謀」を務める野田数特別秘書に話を聞いた。

――小池都知事がようやく自民党に離党届を提出し、正式に都民Fの新代表に就任した。都議選に向けようやく臨戦態勢が整ったかに見えるが。

野田:私が都民Fを地域政党化した今年1月の時点で、小池都知事には都議選直前での代表就任を要請していました。当時は小池都知事にとって初めての予算議会が控えていたため、議会に専念することを優先していただいたのです。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)