18歳で「50万円の中古ロールスロイスをネットで買った」男の話

18歳で「50万円の中古ロールスロイスをネットで買った」男の話

実質10万円で買ったロールスロイスシルバースパー

 腕時計投資家の斉藤由貴生です。最近、小学生の頃をふと考えてみたら、駄菓子屋さんに行ったときの楽しさを思い出しました。その頃、月1000円程度の限られたお小遣いのなかで、いかにパフォーマンス良く買い物できるかを競い合っていました。お菓子の数重視派もいれば、クオリティ優先派も存在。どれだけ良くセレクトできたかをみんなで自慢し合ったりしていました。しかし大人になるにつれて、かつて考えて消費していた人たちは「みな考えなくなっている」ように思います。

 私は、小学生のときに駄菓子屋さんでお菓子を買った時のように、同じ予算なら最大限良い選択をしたいと常に思っています。その結果、腕時計もクルマも本来「浪費」となりがちな高級品をお得に楽しむことを実現したいと努力しています。

 そんな私が18歳のとき、免許をとって初めて買ったクルマがこのロールスロイスです。

 小さい頃からクルマが好きで、ずっと免許が取れる年齢を待ち焦がれていた私は、小学生のときから自分が買う車を常にシミュレーション。そして、その結果ロールスロイスを持つことだって可能だと考えたのです。

 そして私が18歳で免許をとって2か月ほどたったとき、ネットの個人売買でたった50万円で売りに出されているロールスロイスを発見。すぐにメールを出すとそのオーナーから私に譲ってくれる旨の返事が届きました。

 そのロールスロイスは、走行距離が13万kmというモノだったのですが、前オーナーが乗っていて不具合がなかったということと、内外装がとてもキレイだという点から「安い」と判断。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)