ウォリアーズの休日inミネアポリス――フミ斎藤のプロレス読本#019【ロード・ウォリアーズ編4】

ウォリアーズの休日inミネアポリス――フミ斎藤のプロレス読本#019【ロード・ウォリアーズ編4】

『フミ斎藤のプロレス読本』#019 ロード・ウォリアーズ編エピソード4は「戦士の休日inミネアポリス」の巻。筆者はミネアポリスのバーでホーク・ウォリアーと待ち合わせをした。(Photo Credit:Fumi Saito)

 1985年

 待ち合わせの場所は、ミネアポリスのダウンタウンでも指折りの高級バー“ラニオンズ”だった。道順は電話で教わった。

 北一番街とヘネピン通りがぶつかる交差点を右に曲がり、1ブロック歩いてからワシントン通りを左に曲がれば、まっすぐ歩いているうちに右側に店の看板が見えてくる、と電話の主はいった。

 薄暗いバーのドアをそおっと開けると、ホークは白いウェスタン・シャツの下に鍛え抜かれた肉体を封じ込め、なるべく目立たないようにカウンターのいちばん端の席に腰かけてワイルドターキーのオン・ザ・ロックをゆっくりと口に運んでいた。

 逆モヒカンのヘアスタイルを隠すように、頭にはきっちりと黒のバンダナを巻いている。よく見ると、バンダナには“Road Warrior”という文字が赤い糸でちいさく刺しゅうされてた。

「待ってだぞ。まあ、座れ」

 ホークは、バーテンダーにビールを注文してくれた。正直にいうと、ぼくはまるっきりお酒が弱いのだが、こういうときは「ぼくはコーラで」なんていわないほうがいい。

 プロレスラーになるまえからよく遊びにきていた酒場らしく、店のスタッフもみんなホークをよく知っていた。

「ここ2年くらいで初めて2週間のオフをとることができたんだ。こうやってミネアポリスに帰ってくるとほんとうに安心するぜ」

 プロレスで成功し、アメリカじゅうを飛びまわるようになったホークは、この2年ほど休みらしい休みをとったことがなかったのだという。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)