20か国を漂流した41歳プロサッカー選手・伊藤壇のクレイジー蹴球ジャーニー

20か国を漂流した41歳プロサッカー選手・伊藤壇のクレイジー蹴球ジャーニー

5月、日本に帰国した伊藤壇を直撃

 いまや欧州に限らず、海外でプレーするサッカー選手は珍しくない。アジアでもタイやシンガポールを筆頭に100人を超える選手がプレーしていると言われる。そんな流れに先駆けて、これまでアジアの20もの国と地域のトップリーグでプレーしてきた異色の選手が伊藤壇(41歳)である。

◆「1年1か国」と決め、アジアを渡って20年

 伊藤は’98年にブランメル仙台(現ベガルタ仙台)入り。しかし、2年で戦力外になると’01年のシンガポールでのプレーを皮切りに、以降「1年1か国」をテーマにアジアの国々を渡り歩いてきた。

 在籍したリーグの数は、世界最多。昨年、’17年限りでの引退を表明し、今年は年明けから21世紀最初の独立国として知られる、東ティモールでプレーしてきた。しかし5月上旬、リーグ中断期間の一時帰国中にクラブから突然の解雇通告があったという。まさに“サッカー版クレイジージャーニー”を地で行く男は、いま何を思うのか。直撃した。

 いったい何があったのか?

「僕もビックリしていますが、チームから契約解除の連絡がありました。所属していたASポンタ・レステは昨季のカップ戦王者ですが、今季は前半戦の7試合を終えて8チーム中5位と低迷。監督がメンバーを固定しなかったこともありますが、僕自身フル出場は1試合もなくMFとして1点を挙げただけで、期待に応えられなかったことが解雇の理由でしょう。チームの結果が出ない時に真っ先に矛先が向かってくるのが外国人選手。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

関連記事(外部サイト)