ヒップホップグループ・TOKYO HEALTH CLUB――高所作業車に乗ったMVで「楽しく音楽やりたいのに」「なんでこんな目に……(笑)」

ヒップホップグループ・TOKYO HEALTH CLUB――高所作業車に乗ったMVで「楽しく音楽やりたいのに」「なんでこんな目に……(笑)」

ヒップホップグループ・TOKYO HEALTH CLUB――高所作業車に乗ったMVで「楽しく音楽やりたいのに」「なんでこんな目に……(笑)」の画像

 「フリースタイルダンジョン」など、ラップ・バトル/MCバトルが活況を呈するヒップホップ・シーン。一方でそういった「熱さ」と真逆ともいえる、非マッチョで文系的な精神を持ったラップや、シティ・ポップとの親和性を持つ、クールなヒップホップもシーンの中で大きな潮流となっている。その現在の筆頭に挙げられるのが3MC&1DJのヒップホップ・グループ:TOKYO HEALTH CLUB(以下THC)だ。このいわゆる「文化系」ヒップホップとも呼べる彼らが昨年リリースした『VIBRATION』は、クールで洒落た感性を作品に湛え、更に彼らの名声を高めたが、今回発売された新作となる『MICHITONOSOGU』はそういった瀟洒なセンスはそのまま保ちつつ、同時に王道のヒップホップ性をより高め、ヒップホップ・グループとしてのTHCの存在を明らかにする。新たな側面を見せる彼らの向かう先とは。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1342414

――前作『VIBRATION』から今作『MICHITONOSOGU』までの間には、スターダストに所属する男性ラップ・アイドル、MAGiC BOYZのシングル「3.141592」をプロデュースするなど、外への広がりも強くなりましたね。

JYAJIE:繋がりが増えていったし、それが結果、色んな仕事にも広がっていって。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)