関西最大の渋滞ポイント解消に向け年末開通を目指す「新名神 高槻JCT-神戸JCT間 有馬川橋」の工事現場を訪れる

関西最大の渋滞ポイント解消に向け年末開通を目指す「新名神 高槻JCT-神戸JCT間 有馬川橋」の工事現場を訪れる

有馬川橋

 2016年4月22日、神戸市北区・新名神高速道路有馬川橋の工事現場で、長さ約124m、重量約1350トンの鋼鉄製の橋桁の西側が約15m下の国道176号に落下、作業員10名が死傷する大きな事故が発生した。

 そのニュースを聞いた時、10名死傷という痛ましさと当時に私の脳裏をよぎったのは、「これで新名神 高槻JCT-神戸JCT間(41km)の開通が、1年は遅れてしまうな」という予測だった。

 事故から約3か月後の昨年8月。事業者のNEXCO西日本は、当該区間の全面開通予定を、1年遅れの2017年度末にすると修正した。

 関西最大の渋滞ポイントと言えば、中国道・宝塚トンネルだ。ここは日本最大の渋滞ポイントである東名高速・大和トンネルと同様、上下線ともに緩い上り坂になっており、そこに短いトンネルの減速効果が重なって、週末ごとに激しい渋滞が起きている。

 また、ここは日本を東西方向に貫く物流の大幹線でありながら、中国道1本が頼り。おかげで阪神淡路大震災によって中国道が通行止めになった際は、代替路がなくトラック輸送が大変な支障をきたした。

 そういった課題を一気に解決すると期待されるのが、新名神 高槻-神戸間の開通だ。

 事故前、この区間は2016年度中(今年3月まで)の開通を目指していたので、予定通り進めば今年のGWには関西最大の渋滞ポイントが解消されるはずだった。

 その事故現場を、今回この目で見ることができた。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)