大人気グループ欅坂46から誕生した「けやき坂46」(通称ひらがなけやき)の大躍進がスゴイ

大人気グループ欅坂46から誕生した「けやき坂46」(通称ひらがなけやき)の大躍進がスゴイ

けやき坂46(齊藤京子、佐々木久美、加藤史帆)のオリジナルクリアファイル A.ver

 大人気グループ欅坂46内に突如誕生した「けやき坂46」。通称「ひらがなけやき」と言われる彼女たちが12人体制になって約1年。その勢いは、すでに本家・欅坂46を脅かす存在とまで言われている。では、けやき坂46とはいったいどんなグループなのか。ここでは彼女たちの躍進ぶりに注目しつつ、その人気の実態を解き明かしていく。

 デビュー1周年で代々木第一体育館に1万2000人を動員した欅坂46と比べ、けやき坂46の人気はどの程度なのか。TIFプロデューサーの菊竹龍氏が語る。

「けやき坂46は、開催中の全国ツアーで、Zepp TokyoとZepp Nambaのライブを終えてますが、どちらも余裕の完売。乃木坂46や欅坂46の坂道グループや48グループ、モーニング娘。を中心としたハロープロジェクト、ももいろクローバーZなどのスターダスト勢を除けば、約2500人キャパのZeppクラスを楽々と埋められるアイドルグループって今は少ないんです。そのなかで、この集客力と勢いはすごいと言わざるをえません」

 けやき坂46単体としての活動はライブだけにとどまらず、企業とのタイアップも開始した。今年の2月から、ファッションレーベル「earth music&ecology KANKO Label」がけやき坂46をビジュアルキャラクターに起用したのだ。企画担当者の羽冨裕也氏によると、その人気を実感することが多いという。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)