峰なゆか「男性作家が描く濡れ場はだいたい腹が立つ」――羽田圭介対談

峰なゆか「男性作家が描く濡れ場はだいたい腹が立つ」――羽田圭介対談

峰なゆか「男性作家が描く濡れ場はだいたい腹が立つ」――羽田圭介対談の画像

 芥川賞を受賞した男が急にテレビに出まくり、ファンとヤリまくる!――「又吉じゃないほう」の芥川賞作家という肩書をあえてネタにしブレイクを果たした羽田圭介の新作『成功者K』は、本人の現実とフィクションの世界が一体化したスキャンダラスな代物。『アラサーちゃん 無修正』最新5巻の発売に合わせて、タブーなき精神に共鳴した峰なゆかと羽田圭介の特別対談が実現した。

峰:初めてお会いしたのはラジオ番組の収録でしたよね。

羽田:たしか2015年の10月末、僕が7月に芥川賞を獲った後のタイミングだったと思います。

峰:すごい! よくそこまで正確に覚えていらっしゃいますね。

羽田:峰さんにお会いする直前に、ちょうど発売されたばかりだった『アラサーちゃん』の4巻を読んでおいたんですよ。で、「こりゃ本当になんもできねえな」ってつくづく思い知らされて……。僕、実は1巻が発売されたときも、当時の彼女に薦められてタイムリーに読んでいたのですが、そのときに味わった「なんもできない」感じにますます磨きがかかっていました。

峰:その「なんもできない」感じって何ですか?

羽田:「この女の人の前じゃもう恥ずかしくて何もできないな」っていう感じです。何もかも見透かされている感覚というか。よくこんなに男側の気持ちが具体的にわかるなあって……。例えば「男が女の何をウザいと思っているか」とか。

峰:男の人の気持ちがわからないからこそ、いつも知りたいと思ってるんですよ。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

関連記事(外部サイト)