女子高生とは知らずに淫行してしまった男の告白「ショックで女のコの前で号泣してしまいました」

女子高生とは知らずに淫行してしまった男の告白「ショックで女のコの前で号泣してしまいました」

未成年であることは容易に見抜けない(※写真はイメージです)

 小出恵介(33歳)の未成年淫行による活動停止の報道を、複雑な思いで耳にした男性がいる。

 大野秀征さん(仮名・38歳)。彼もつい先日、未成年だとは知らずに女子高生と酒を飲み、一夜を共にしてしまった経験があったからだ。

 大野さんは、「小出の場合は未成年だと分かっていながら一緒に酒を飲み、さらに性行為にまで及んでいるので言語道断です。しかし、大人びた外見の未成年も多いので、相手が年齢を偽っていた場合は見抜くことは難しいと思います」と渋い表情で語る。

 大野さんは今年3月に新宿のバーで、黒髪セミロングの美女とたまたま席が隣り合い、意気投合して一緒にお酒を飲んだ。実はその女性が女子高生だった。

「年齢は聞かなかったのですが、大人っぽい雰囲気でしたし、てっきりOLだと思い込んでしまったんです。まさか、バーなんかに女子高生がいるなんて考えもしませんでしたから」

 女性に好意を抱いた大野さんは連絡先を交換。後日待ち合わせをして、再びお酒を飲みに行った。

「その時に初めて職業を聞いたら、『女子大生だよ』と言われました。それでも、女子大生にしては大人びているなと驚いたくらいです」と振り返る。そして、終電を逃したその女性と一夜を共にすることになる。

「僕の自宅に泊まり、当然ながらセックスをしました。すると、『実は高校生なの。隠していて、ごめんなさい』と打ち明けられて……。実際には大学進学が決まっていた高校3年生でした。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)